こんばんは、よしのり所長です

夜になると昼間と違い心地良い風が入ってきますね。
そんな過ごしやすい夜に、ちょっとしたお祝いをしたいと思います。
今回は会社関係なく私の趣味の世界ですので、興味のない方はすっ飛ばしてください(笑)

画像-0009

赤ワイン?と思いきや、何とこちらは赤のスパークリングワインになります。
フランス産、カマンベールチーズを添えてみました。

画像-0011

ラベルを拡大… 黒ブドウのメルロー種、ニュージーランドのワインです。

赤ワインは渋みがあるため、更に酸味が強く加わるとどうなるのか…?



うっ…美味い


始めはちょっと不安でしたが、飲んでみるとあら不思議。
渋みをしっかりと残しつつ、後味は酸がきいて口の中がサッパリしました!

何でも挑戦してみることですね。いい発見をさせていただきました。



さてここでウンチクをひとつ。

白の発砲性ワインのことをよく「シャンパン」と呼びますよね。

しかし、全てがシャンパンではありません。
厳密に言うと、フランス、シャンパーニュ地方で作られた物、厳しい法律に合格して作られた発砲性ワインがシャンパーニュを名乗ることができます。それ以外のフランスで作られた発砲性ワインはvin  mousseux(バン ムース。泡のワインという意味。)と呼ばれます。

他の国の場合…
 アメリカ、イギリスなど … Sparkling Wine(スパークリングワイン)
 イタリア          … Spumante(スプマンテ)
   ドイツ           …   Zekt(ゼクト)
   スペイン         …   Cava(カバ)

ざっとですが、こんな感じです。間違っていたらごめんなさい…

レストランやバーなどでシャンパンを注文される方も多いでしょうが、もしシャンパンにこだわりがないのなら(私にはちょっと高価ですので…)、スパークリングワインで頼んでみるのもスマートだと思いますよ。

長い時間、私の世界にお付き合いいただいて、ありがとうございました