無題

船が沈没して4人の船員は救命ボートへと避難した。
彼らが持ち合わせていたわずかな食料は数日の内に底をついた。
4人の内の1人が他の忠告を無視して海水を飲んだため具合が悪くなっており、
死が近いように見えた。
残りの3人は、その弱った船員を犠牲にしてその体と血液で生き残った。
彼ら3人は救助されたが、逮捕され、裁判にかけられた。

 

あなたが陪審員だとしたら、
法律的な問題は別として、彼ら3人が道徳的に許されるか否か?

 

・生き残るためにしなければならないことなのか・・・


・他の人の命を奪うことはどんな状況でも認められない。
人間にそんな権限はない。
どんな場合でも殺人は殺人で、殺人によって違いがあるわけではない。


・本人の同意を得ていたらどうだろうか。道徳的に正当化できると思うか。

 

 

 

前回同様、ハーバード大学のマイケル・サンデル教授の白熱教室からの例です。

 

・権利の根拠、

・手続きの効果、

・同意  

これら重要な論点について問題を提起しています。

 

さて、
あなたが、この救命ボートにのっている船員の一人であったら、
どんな行動をとるのか、或いはとるべきか。

 

 

ヘルパー 瀬戸口