今年の4月9日で日本の企業でまだまだ多く使われているパソコンのオペレーションシステム『WindowsXP』のサポートが終了するという話を聞いたことがあるかもしれません。


IMG_2522
 

いったい何の話?


 

「使用しているのに困ったことはないよ。」

 

「今までもサポートを受けた覚えはないからサポートなんていらないよ。」

 


などと思われている人は少なくないかもしれません。

 


 

そもそもサポートが終了するということはどういうことなのでしょうか?

 

このサポートとは『Windows』を売っているマイクロソフトからのサポートがなくなるということ。

 

そしてこのサポート、通常によくある商品のサポートととは意味合いが微妙に違います。

 

通常でよく言われるサポートは保証や解らないところを聞いたりすることができるというようなサポートですが、こういうサポートではありません。

 

パソコンとは機能上、外部からの操作が可能な物です。インターネットがつながっていれば操作できてしまいます。

 

そこに目をつけて暗躍しているのがコンピュータウィルス。

 

あの手この手と使ってパソコンのシステムで中に入り込めそうな穴を見つけて悪さができるようにしてしまうのです。

 

Windowsというオペレーションシステム(一般の方がパソコンを使えるようにできるソフト)を制作・販売しているマイクロソフト社は上記のコンピュータウィルスなどが悪さをしてきた場合に、その入り込んだ穴を塞ぐ仕事もしているのです。

 

 

いつやってるの?

 

『Windows update』というものが出てきていたり、シャットダウンするときに更新プログラムがどうとやら・・・というものを見たことがあると思います。それがその修正プログラムを入れているときなのです。

 


 

話は長くなりましたが、サポートが無くなるというのは、今後はその修正プログラムがこないということです。

 

サポート終了すぐのうちは大丈夫かもしれません。しかし、悪い人たちはサポートが終了したXPを使い続けている人をターゲットにしてくる可能性は多いに考えられ、易々と侵入をするコンピュータウイルスが作られてくるでしょう。


 

これは企業だけではなく個人も一緒です。パソコンへの他人の侵入は目に見えないものなので油断しがちですが今のパソコンには重要な情報が入っていることが多いので注意が必要です。



このWindowsXPの延命措置は色々と出ておりますが、せっかくだったら新しいものを手に入れるのもありだと思います。



どんなものを買えばいいかわからない??

そんなときは私どもの『猫の手サービス』をぜひともご利用ください!




かわいでした。


・フォレスト 必殺 猫の手サービス
http://www.forest-japan.jp/nekonote.html