こんばんは

顧客相談室のはしづめです

保険のマメ知識をもう一歩踏み込んでウラ知識にしてみました

今回は「終身移行型保険」について解説します

日〇生命の「生きるチ〇ラ」や第〇生命の「堂〇人生」や明〇安〇生命の「ライフ・〇カウント」などが代表的な商品で「アカウント型保険」とも呼ばれます

以前のマメ知識において、「終身保険」と「終身移行型保険」は全くの別物と表現しました

この「アカウント型」とは10年ごとの更新型で65歳や70歳等の老後を迎えた時にそれまでに保険内で貯めた解約金を下取りして終身保険を買うタイプです
07_10
つまりこの手の保険に加入した時点では終身保険は持っておらず、掛け捨て率の高い更新型のみに加入しています

さらに上図の様な保障を維持しようとすればこの30年間でおよそ1000万~2000万の保険料を支払い、終身保険に移行した時には死亡保険金が100万~200万くらいとなります

みなさま、どう思われますか?

きわどい表現かもしれませんが、私はこの手の保険が嫌いです(私見です)

もう少しメスを入れますと、10年更新というものは年齢が10歳上がり保険料が跳ね上がります

月額15000円の保険料が更新時に月額28000円と言われたらどう思いますか?

加入時に勧められるがままに契約すると、よくある話しなのです

そこで外交員(生保レディたち)はどうするか・・・

①よくあるパターンはその10年間で貯まった解約金(もしくは生存給付金)を下取りして更新後の保険料を安くしましょう。

②加入時にたくさん付けた特約を解約し保障を下げましょう。

③新しく発売された新商品に乗り換えましょう。

怖い展開が待っています

①を10年ごとに繰り返していくと当初の予定の老後の終身保険すら購入できなくなります。もちろん自分の手元には全く貯蓄的なものは残りません。

②はどんどん削られていくだけです。

③は乗り換えですから、1から健康告知をやり直して全く別物の商品に加入します。外交員にとっては新規契約受注です。

あなたの保険は大丈夫ですか?

最後に残る保障には医療保険はありません。老年期を迎えた入院が懸念される世代となったときに特約は消滅しています

それでもいいですか?

フォレストの「ベストマッチケアプランナー」は生活の相談にもお応えします

ベストマッチ福祉施設案内所 ブログ
http://blog.livedoor.jp/forekawa-bestmatch/

介護タクシー Coming soon!
http://www.forest-japan.jp/kaigotakusi.html

・フォレスト 必殺 猫の手サービス
http://www.forest-japan.jp/nekonote.html

●フォレストホームページ
http://www.forest-japan.jp/