ヘルパーの瀬戸口です。


サロン交流ブログでは、
長い道のり”と題して、以前私が勤めていた介護の現場の様子を
お伝えしています。
介護職員は、
同じ職場で長く働くタイプの人と、
あちらこちらの職場を渡り歩くタイプの人と分かれます。
私はたぶん後者で、ここフォレストにたどり着くまで、
デイサービス、訪問介護、有料老人ホーム、グループホーム
の職場を経験しました。
介護施設は、外からの様子と中からの様子は、全く違います。
中からの様子は、実際に
そこで職員として働かなくては決して分からないものです。
単に、その施設に行って見学するだけではまず見えないものです。
しかし、働いている職員をつかまえてその実態を聞こうとしても
本当の事は聞けません。
プラス面ならともかく、そうでないものは話しません。
特に守秘義務があるので話せない事の方が多分多いでしょう。
“長い道のり”で話している事でも、事業所名や個人名は伏せています。
それに、個人のブログでは無いので
極端に批判めいたことも書いていませんが、
介護の仕事であっても、他の仕事と同様、
きれいごとではない事があるのも事実です。

“長い道のり”の話しは、
私がこの仕事を辞めるまで、まだまだつづきます。