こんにちは 近藤です

街はクリスマスモードに染まってきましたね。

キャプ;@;@

こちらはクリスマスイルミネーションで盛り上がる星が丘テラス(名古屋市千種区)です。



先日久しぶりに本を購入しました。

lk

ベストセラーとして話題沸騰の本。

レクサス星が丘の奇跡です。


本屋さんでパラパラッと見ただけでも興味を引きました。

簡単に一例を紹介します。

レクサス星が丘店では玄関の警備員さんが目の前の道路を走るすべてのレクサス運転手に対し、お辞儀をするそうです。

同じレクサスでも購入店や法人が違っていることもあるのに、こちらの警備員の方は感謝の気持ちを込めてされるそうです。店から指示があった訳でなく、自発的に何かできないかと考えた結果だそうです。

これを見た走行中のレクサスユーザーが感動したのは言うまでもありません。
損得勘定なしの行動が感動を呼ぶんでしょうね。

この方以外にも様々な感動ストーリーがあります。

言い方は良くないかもしれませんが、高級ブランド店のイメージとはかけ離れた、いい意味での泥くさいというか人間くさい行動が随所に光ります。

お客様は車というハード面だけを求めて来店される訳ではないんですね。
ソフト面が大事なんですね。

フォレストでも外部の方がよく来社されます。
地域の方もよく遊びに来てくださります。

気持ちのこもった挨拶を…とあらためて思いました。

社員間でも挨拶は大切です。

若い社員にも伝えていきます


フォレストのホームページ
http://www.forest-japan.jp/

フォレストの介護タクシー
http://www.かいごタクシー.nagoya/