こんにちは 馬木です。

今回はこの時期注意が必要な、ヒートショックについてご紹介致します。

ヒートショックとは?

外気の温度差の影響で急激な血圧の上昇・下降を起こす事。
心臓や脳に大きな負担を与え、心筋梗塞・脳梗塞などの突然死の原因になります。

特に入浴はヒートショックが起きやすいとされています。寒暖差の激しい真冬の時期は特に注意が必要です。

入浴における血圧の変動は以下のようになります。

     【入浴時の血圧変動の流れ】

寒い脱衣所で衣類を脱ぐと、体から熱が奪われないように
  毛細血管が収縮し血圧が上昇(↑)
             
浴槽に入り熱い湯に触れると交感神経が
   緊張し血圧が急激に上昇(↑↑)
             
 浴槽内の湯につかることで水圧により
心臓に負担がかかり、さらに血圧が上昇(↑)
             
その後、浴槽内で体が温まると血管は拡張し、
      血圧は急激に下降(↓↓)
             
浴槽から上がると水圧がかからなくなるため
         血圧は下降(↓)
             
入浴後脱衣所で体が冷える為、熱が奪われないように
  毛細血管が収縮し血圧が急激に上昇(↑↑)


ヒートショックを予防するためには、寒暖差をなるべく小さくして急激な血圧の変動を抑える事です。脱衣所に暖房器具を設置したり、浴室内を温めておくことでヒートショックの予防につながります。
ご高齢の方はヒートショックになりやすいので、ご高齢者の方と同居されている人は特にヒートショックに注意してください。

yjimageF6P8NSN4

フォレストのブログ いろいろ
http://www.forest-japan.jp/blogpage.html