7月も終わっちゃいますね。
おはこんにちは。
新人遠藤です。

今回はトケイソウについて紹介したいと思います。
W_tokeisou5071
こちらがトケイソウですが、実際に見るとすっごく綺麗なんです。
この独特な花の形が時計に見える事が「時計草(トケイソウ)」の名前の由来です。
3つに分裂した雌しべが時計の長針、短針、秒針のように見えるようです。

花言葉は「聖なる愛」「信仰」等です。
トケイソウはキリストの処刑を象徴する花とされたこともあり、宗教的な花言葉となっているみたいです。
トケイソウが十字架や釘、鞭、槍が合わさったように見えるというちょっと怖い見え方なんです。

ちなみにパッションフルーツはトケイソウの仲間であるクダモノトケイソウ(果物時計草)の果実なんですよ。

身近でよく見る知らない花が案外身近な果物とかの仲間だったりするもので、そういうのがわかると散歩も楽しくなりますね。
みなさんも是非、散歩しながら身の回りのお花に興味を示してもらえたらと思います。

ばい(*・ω・)ノ