こんにちは、最近アナ雪2を観た前川です。

今回はグルメと極道のマンガ第3弾『肉極道』を紹介します。


あらすじは亡くなった祖父の跡を継ぎ、肉料理専門の食堂をひとりで切り盛りすることになった浅倉まなび。だが料理の腕は素人当然の腕前で客足が遠のき、売り上げもがた落ちの状態になっていた。そんなある日やくざ風の男が来店し、料理を食べるないなや不満が爆発し肉料理とはなんたるかの指導を始める。

まなびはその男を肉極道というあだ名をつけ、その男が来店する度に言われるがままに様々な料理を振舞ってはダメだしされる内容となっています。


この漫画の特徴は主人公が肉料理を学ぶのが主な内容となっている為、肉料理の作り方が詳しく丁寧に書かれているので、とてもわかりやすいところです。

作者の肉料理に対する愛の深さをひしひしと感じられて、肉ってただ焼けばいいわけじゃないんだと知ることができ、読んでいると肉料理が作りたくなってきます。
8FDA9EA9-C31B-4B08-B24A-72185BC9DEF5
(大体この流れで、肉極道さんは厨房に立ちます)

いつかステーキを焼こうと思っているので、参考にしようと思っています。
こだわって肉料理を作りたい人におすすめのマンガです。 

それでは